TOP > 予防歯科

予防歯科

虫歯の予防について

虫歯はミュータンス菌の感染によっておきます。ミュータンス菌は砂糖を栄養源としており、酸を出して歯を溶かします。ミュータンス菌は生後6ヵ月~3歳の間に最も感染しやすく、一度感染してしまえば一生その種類のミュータンス菌を持ち続けます。
感染の機会を少なくするには、子供の身近な人(母親など)のミュータンス菌を減らすことにあります。
また同じ箸で食べたり、口うつしで食べさせないことも大切です。

 

○家庭でできる虫歯予防とは?

●小学校3~4年生まで親が寝る前に仕上げ磨きをしてあげてください。磨いた後は就寝まで食べ物・ジュース・アイスクリームなどを与えないでください。水またはお茶であれば大丈夫です。
●フッ素入り歯磨き剤・フッ素のうがい薬などで毎日フッ素を使うようにしてください。
●キシリトール100%入りのガム・タブレットを利用してください。
 (当院では【ポスカF】をおススメしています)
●甘いものを与える時は、甘いものの量ではなく与える回数が問題です。回数を決めてできるだけその回数を減らすようにしてください。

毎日しっかり歯磨きをしているのにどうして虫歯になるの?
虫歯になりにくい人、なりやすい人の違いは、歯磨きの回数や方法だけでなく飲食の回数、唾液のもつ性質や虫歯菌の数などが大きく関わります。

 P M T C (Professional Mechanical Tooth Cleaning)  

プロによるお口のクリーニングを行います PMTC

 

 


毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を専門の機械で徹底的に行うのがP.M.T.C.です。

 シーラント

歯の咬む面に樹脂をつめて、虫歯を予防する方法です。歯は削りません!
奥歯の咬む面の溝。基本的には永久歯ですが、溝が深い場合は乳歯にも適応します。
 【ポイント】
生えたての歯が溝が深く、がんばって歯ブラシをあてても汚れが落としきれずに虫歯になってしまうことが多い。

 フッ素

フッ素はなぜ虫歯を予防できるの?
フッ素は、歯からミネラルが溶けだす脱灰をおさえ、ミネラルが歯の中に戻る再石灰化を助けて、虫歯の発生や進行を防ぐのです。また、歯質の強化、口の中の細菌の発育をおさえる効果も期待できます。
ご家庭での予防にはフッ素入り歯磨き剤をご利用ください。