TOP > よくある質問

よくある質問

ホワイトニング
インプラント

ホワイトニング

Q1 どんな歯でも白くなりますか?
A1 ホワイトニングは、健康な歯(神経の治療を行っていない歯)にのみ有効に作用します。すでに人工修復物(かぶせ物、つめ物)の入っている歯の色調は変化しません。ホームホワイトニングに適する歯であるかどうかは診査させていただければ分かりますので、お気軽にカウンセリングを受けにいらして下さい。
Q2 痛くないですか?
A2 ホワイトニング中は、知覚過敏や歯肉の違和感が現れる可能性があります。どちらも一時的な症状です。1~2日使用を中断することで改善されます。(症状が顕著に現れた時は、必ず担当医へご相談下さい。)
Q3 治療期間はどのくらいですか?
A3 1日に基本的に2時間使用していただきます。
上顎、下顎に対し、それぞれ2本ずつホワイトニングジェルをお渡しいたします。期間としては、2~3週間で使い切って頂きます。
Q4 どのくらい白くなりますか?
A4 変色の原因、変色の程度、歯の質等により、個人差があります。
あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に白くなりますので『ご希望される白さ』や『真っ白』という訳には、いかない方も少なくはありません。

インプラント

Q1 インプラントは何年ぐらいもちますか?
A1 インプラントの寿命は、残っている歯の本数や歯にかかる負担の度合い、噛み合わせ、定期健診の回数など様々な要因によって異なります。ご自身の歯が何本か残っていてインプラントを入れた場合は、天然歯(残っている歯)の寿命によってインプラントの寿命が大きく左右されます。ご自身の歯が歯周病で動揺したり、抜けたまま放っておくと、インプラントに負担が集中するため、ついにはインプラントもグラグラしてくることもあります。もちろん、ご自身の歯が抜けてしまった部分にインプラントを追加するなどの適切な治療を行えば、先に入れたインプラントも機能を保つことが出来ます。ある程度長い期間ずっと使用していけるものですが、そのためには定期的なメインテナンスが必ず必要となります。
Q2 自分の歯のように噛めますか?
A2 インプラント治療を行うことにより、治療後の噛む機能が著しく改善されると思います。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。肉、りんご、たくあん、など自分自身の歯で食事をされていたとき食べることの出来たもの全て、以前のように食べることが出来ます。
Q3 手術の際の痛みは?
A3 局所麻酔による手術のため、ほとんど痛みは感じません。麻酔がきれてからは傷口の痛みが生じる場合がありますが通常2~3日で痛みや腫れは納まります。
Q4 治療費はどのくらいかかりますか?
A4 インプラント治療は、自費治療のため、保険はききません。
また、使用するインプラントの本数や種類、人工歯の種類、骨の状態により異なります。詳しくは、ご相談下さい。
Q5 治療期間はどのくらいですか?
A5 一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、インプラントにもよりますが、6週間~24週間位かかります。
その後、上に仮歯を入れるための期間がかかる場合と、すぐにいれることができる場合があります。
Q6 歯槽膿漏でも可能ですか?
A6 歯槽膿漏にかかっている方は、お口の中の衛生状態が悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。
まずは、正しい歯磨きで歯槽膿漏を治してからインプラント治療に移行します。
Q7 糖尿病でも可能ですか?
A7 医師の指導のもと、十分にコントロールされていれば大丈夫ですが、状態によっては、インプラント手術ができない場合もあります。
詳しくはご相談下さい。
Q8 年齢制限はありますか?
A8 骨の成長がほぼ終了する16歳以上の方で、医学的、解剖学的に条件が満たされていれば、どなたでも治療を受けることができます。