TOP > 歯周外科

歯周外科

歯周病の原因

歯周病の一番の原因は、歯についた歯垢・歯石です。
歯の周囲に歯垢・歯石が付着したままでいると、そこを巣とした細菌が繁殖し、歯肉に炎症が起こります。炎症が起こることにより、様々な体内の因子が複雑に影響して歯肉の炎症だけでなく、体内の組織である骨を溶かしてしまいます。その間に自覚症状(痛み、違和感)はほとんど感じませんので、気づかない間に歯周病が進行し、気がついた時には歯がグラグラになっているということもあります。その他にも、悪い歯並びや、咬み合せ、ストレス、歯ぎしり、口の渇きなども歯周病の原因になると考えられています。

歯周病の治療と予防

① プラーク(歯垢)除去 ご自身で

歯周病を引き起こしているのは、口の中に潜む細菌です。この細菌は、プラーク(歯垢)のなかに大量に含まれています。正しいブラッシングでプラークを除去し、口の中をいつも清潔にしておきましょう。磨いたつもりでも、きちんと磨けているか、プラークが取り除けているかを確認することも大切です。

② 歯石除去  歯科医院で

放置されたままのプラーク(歯垢)は石灰化して歯石となり、ブラッシングでは取り除けなくなります。歯石のまわりにプラークが付着しやすくなるため歯周病の原因となるのです。歯石は石のように硬く、歯や根にしっかりとこびりついていつ為、患者様ご自身では取り除くことができません。専門の器具を使って除去します。これをスケーリングといいます。

③ 定期検診&セルフチェック

歯周病治療が終わったといっても、きちんと管理を続けなければ歯周病は再発してしまいます。予防と早期発見には定期検診が不可欠です。また鏡を見て歯肉の状態をチェックし、腫れや出血がないか、普段から気をつけておくことも大切です。
定期検診の際には、

  • むし歯の有無の確認
  • 歯ぐきの状態の確認
  • 歯石の除去
  • 歯のクリーニング(PMTC)   

をさせていただきます。